境港観光協会 公式YouTubeチャンネル 境港観光協会-公式YouTube

チャンネル登録

ラーメン大好き!お店イチ押しの1杯 Vol.2

境港市内のラーメン屋さん紹介シリーズ第2弾は、ニューオープンのラーメン屋さんや少し変わった麺の食べられるお店を取り上げました。個性的なお店が勢ぞろい。ぜひ足を運んでみてください。

カニ好きにはたまらない 丿貫 米子空港店

2021年12月に米子鬼太郎空港ターミナルビル2階にオープン。横浜市の本店は行列のできる人気店として知られ、ここは国内に6店ある直営店のうちの一つです。店内は白と黒を基調としたシックな造りで、窓越しに飛行機の離発着が見えるのも、空港内の店ならではです。

イチ押しの1杯は何と言っても境港産「特製」紅ズワイ蟹そば(1,400円)です。境港産のベニズワイガニを殻ごとペーストにして仕上げた濃厚なスープは、カニの旨みが凝縮されています。細めの麺の上にはたっぷりのカニ身、鳥取県産豚の肩ロースを使ったレアチャーシュー、ウズラの味付け卵がトッピングされ、食べ応え十分です。

境港にやってきてカニを食べ忘れたとしても、これさえ抑えておけば「カニを食べてきた」といえるような1杯です。

【店名】丿貫(へちかん) 米子空港店
TEL:090-7406-9733
住所:〒684-0055
境港市佐斐神町1634
営業時間:10:30~14:30(LO)
15:30~17:30(LO)
定休日:なし
席 数:26席
駐車場:空港駐車場を利用

牛骨スープが堪能できる らーめん 紫龍

2022年4月に新規オープンしたお店です。境港商工会議所の道路を隔てた正面のビルの1階にあり、紫色の看板やのれんが目を引きます。

牛骨だけを使い、約6時間かけてじっくりと煮出したスープがお店の自慢。それを使ったお薦めの1杯が「醤油ラーメン」(580円)です。ほんのりと甘い香りの牛骨スープが、中太のちぢれ麺にほどよく絡み、あっさりとした味わいが特徴です。

塩や味噌などのラーメンはもちろん、チャーハンやカレーライスにも牛骨スープが使ってあります。また、午前8時から営業しているので、「朝ラー」ができる境港市内でも貴重なお店です。

【店名】らーめん 紫龍(しりゅう)
TEL:0859-30-2139
住 所:〒684-0032
鳥取県境港市元町130-2まるかビル1F
営業時間:平日
     1部  8:00~10:30
     2部 11:00~14:30
     3部  15:30~18:00
     土日祝日 
     午前 11:00~15:00
     午後 17:00~20:00
(いずれも15分前がLO)
定休日:月曜日
席 数:24席
駐車場:ビルの共有駐車場を利用

地元で愛される大衆和風中華 花れん

店主の間瀬哲男さんは日本中国料理協会の理事を務めています。地元の人においしく、毎日でも食べられる中華料理を提供したいと、全国各地の本格的な中華料理店からラーメン屋さんまでを回って味を追求し、35年前に店を開きました。

お薦めの1杯は豚角煮ラーメン850円(税別)です。間瀬さん自身が豚の角煮が好きなことから、「他にないような麺を」と作りました。しょうゆ味のスープは豚骨や鶏ガラ、牛骨、羅臼昆布、鰹節、リンゴなどをふんだんに使い、味わい豊かに仕上がっています。じっくりと煮込まれた大きくて分厚い角煮は中まで柔らかく、ラーメンのスープで味が薄まらないように味が付けてあるので、角煮の旨さがダイレクトに伝わります。

このほかの麺類は定番の醤油、塩、味噌のラーメンをはじめ、ちょっと変わった「カレーらーめん」「麻婆らーめん」など全部で12種類あります。

【店名】花れん(かれん)
TEL:0859-44-6770
住所:〒684-0062
鳥取県境港市蓮池町65-3
営業時間:11:00~14:30(LO)
     17:00~20:30(LO)
定休日:火曜日
席 数:54席
駐車場:20台

follow us

境港について