境港観光協会 公式YouTubeチャンネル 境港観光協会-公式YouTube

チャンネル登録

  • トップページ
  • 【ゲゲゲの鬼太郎ビックリマンの周遊企画記者発表】

【ゲゲゲの鬼太郎ビックリマンの周遊企画記者発表】

2024.02.01

境港市で2023年から行われている「水木しげるロード30周年記念事業」の最後を飾るイベント、「ゲゲゲの鬼太郎 ビックリマン周遊企画」の記者発表が2月1日、境港市役所でありました。市内でスタンプラリーや買い物をして、条件をクリアするとゲゲゲの鬼太郎のビックリマンがコラボしたオリジナルシールがもらえるというものです。3月1日から31日までの1か月間行われます。

人気キャラクターの「ビックリマン」を使って地方創生プロジェクトを展開しているロッテ(本社・東京都新宿区西新宿)が、水木しげる先生の作品で町おこしをしている境港市の活動に着目。同プロジェクトとして第2弾、ロード記念事業としては第5弾となる“昭和の2大キャラクター”のコラボが実現することになりました。

記者発表では特別に作られた超巨大特製ウエハースが披露され、境港市の伊達憲太郎市長、境港観光協会の結城豊弘会長は「鬼太郎とビックリマンという夢のようなコラボが実現した。4月の水木しげる記念館リニューアルオープンに向けて勢いが付く」とあいさつ。ロッテマーケティング本部の本原正明課長も「地方創生はわが社の大事なプロジェクト。2大キャラを使い新しいファンを開拓していければ」と話しました。

記者発表用として特別に作られた超巨大特製ウエハースを持つ(左から)本原課長、伊達市長、結城会長
特製ウエハースは縦30センチ、横33センチ。ビックリマンチョコの19倍のサイズ

配布されるシールは3種類あり、今回の企画用に特別デザインされたオリジナルです。
ホログラム仕様で周囲がキラキラ光ります。

3種類のオリジナルシール