水産王国_境漁港
△おさかなレポートおさかなレポート
◎紅ズワイガニとズワイガニ
 
紅ズワイガニとズワイガニ(松葉ガニ)の違いをご存じですか?

 境港は紅ズワイガニの水揚げ日本一です。境港の紅ズワイガニはそのままボイルや冷凍されて出荷されるほか、加工用の原料として活用されており、皆さんが食べている冷凍のカニクリームコロッケやカニちらし寿司などカニ肉を使用する食品の多くに、境港の紅ズワイガニが用いられています。
 一方、ズワイガニ(松葉ガニ)も鳥取県内随一の水揚げであり、冬の味覚として出荷されています。
 さて、皆さんは紅ズワイガニとズワイガニの違いはご存じでしょうか?値段が違うというだけではなく、棲む場所や捕り方にも色々な違いがあるのです。


 
項目 紅ズワイガニ ズワイガニ
外観 紅ガニ 松葉ガニ
呼び名 紅ガニ
紅ズワイ
松葉ガニ(山陰)
越前ガニ(北陸)
特徴 身は甘みがあり、水分の多いカニです。保存中に水分が抜けて身が少なくなることを避けるため、甲羅を下にして保存します。 身がぎっしり詰まっているのがズワイガニの魅力です。ズワイガニのメスで卵を抱えたものを親がに、脱皮直後のものを若松葉などと呼んでいます。
棲み家 日本海の深海
水深約500m〜2500m
日本海の大陸棚
水深約200m〜400m
産卵に
ついて
産卵数3.7万〜4.3万粒
産卵周期2年に1回
産卵数7万〜10万粒
産卵周期1年に1回
漁期  (平成    26    年度) 秋から春
9月1日〜6月30日

11月6日〜3月20日(雄・松葉ガニ)
11月6日〜12月31日(雌・親ガニ)
1月20日〜2月28日(若松葉)
獲り方
(漁法)
カニかご漁

ロープに50m間隔で、150個のカニかごがついた漁具を使います。これを海底に約2昼夜沈めてカニが入るのを待ちます。漁具の長さは、約1万mにもなり、これを9セット使用します。
底引き網

山陰(日本海)では、小型機船での底引き網で獲ります。
 
掲載者情報
掲載者
関連HP

225437
 
境港市水産課 〒684-8501 鳥取県境港市上道町3000番地
TEL.0859-47-1055 FAX.0859-44-7957
E-mail:suisan@city.sakaiminato.lg.jp