水産王国_境漁港
△2012年のニュース
◎境港天然本まぐろ初水揚げ
 
  平成24年6月2日 境漁港に今期初の生クロマグロが水揚げされました。

写真
 平成24年6月2日、1982年以降のまき網漁法での漁獲調査開始から史上4番目に早い境港天然本まぐろ(クロマグロ)の水揚がありました。
 初水揚げ日の最も早かった年は1998年の5月27日です。

 この日、漁獲されたまぐろは20〜50kgの517本。
 
 例年より本数が少なかったせいか、1,750〜2,800円/kgという高値がつきました。

 まぐろはまず、運搬船から引き上げられます。
写真
 何本か同時にくくりつけられ、フォークリフトで場内へ運ばれます。
写真
 そして、大勢の割裁人(かっさいにん)により、すばやくエラと内臓が取り除かれます。

 
写真
 その後、計量して、氷のジュータンの上で、エラ・ハラに氷が詰められ、セリを待ちます。
写真
 ちなみに、境港では、産地として1本のまぐろを余すところなく有効活用する取り組みが進められており、内臓も氷入りのタンクに詰められ出荷されます。

 そして、加工品や料理などに利用されています。

☆ エラ・内臓⇒まぐろ魚醤(ぎょしょう)
 (魚醤油では、しょっつる、いしるが有名)

☆ 真子(卵)⇒トンノ・ボッタルガ(まぐろのカラスミ)

☆ 真子、白子、胃、肝臓、心臓⇒まぐろ内臓料理
 
掲載者情報
掲載者
関連HP

01193
 
境港市水産課 〒684-8501 鳥取県境港市上道町3000番地
TEL.0859-47-1055 FAX.0859-44-7957
E-mail:suisan@city.sakaiminato.lg.jp