水産王国_境漁港
△2011年のニュース
◎ベニズワイかにかご漁船出漁式
 
8月31日(水)9:30〜 境漁港4号上屋(かにかご岸壁)でベニズワイかにかご漁船出漁式が開催されました。

写真

ベニズワイガニ。
それは、ほぼ通年水揚げ(9月〜6月)され、加工品はもとより、最近は色々な料理が生まれ、楽しませてくれている境港特産のカニです。

この出漁式では、ベニズワイガニの豊漁と航行の安全を祈念するために行なわれます。

まずは、境港カニ水揚げ日本一PR実行委員会会長の挨拶からです。

「PR実行委員会として、明日から解禁になるベニズワイガニの付加価値や需要の向上を目指し、生産者の皆さんを応援していきます」



次に境港市長から祝辞をいただきました。

「近年は、産地ならではの鮮度や味、素材の良さを料理に生かすという取り組みが積極的に行なわれるようになり、本年の三月には、新・ご当地グルメとしてベニズワイガニを丸ごと一杯使用する、「境港新かにめし」が誕生し、注目を集めているところであり、ベニズワイガニ産業の発展を誠に喜ばしく思っております。」
写真

続いて、来賓と実行委員とオブザーバーそして、鬼太郎による鏡開きです。
豊漁と海上安全を祈願して勢いよく行なわれました。


そして乾杯。

来場者へは、妖怪汁(猫娘汁、ねずみ男汁)などが振舞われて、一緒に乾杯しました。


続いて、生産者を代表して、日本海かにかご漁業協会の岩田副会長より謝辞をいただきました。



「ベニズワイガニ業界は日韓暫定水域や資源など問題が山積しているが、境港が誇るこのベニズワイガニの産地を維持していくため努力していきたいと思っております。」
写真

そして、境港大漁太鼓荒神会による大漁太鼓の演奏がありました。
写真


最後はかにかご漁船の家族たちと船を見送りました。


境港を拠点としているかにかご漁船は11隻。
そのうち、今年は9隻が順番に漁場へと出発していきました。
写真


境港にとって大事な資源の一つのベニズワイ。
漁期が長く、漁獲量も安定している優秀なカニです。


今、境港では、産地ならではの新鮮なカニ料理”
境港新かにめし”が味わえます。
 
掲載者情報
掲載者
関連HP

01172
 
境港市水産課 〒684-8501 鳥取県境港市上道町3000番地
TEL.0859-47-1055 FAX.0859-44-7957
E-mail:suisan@city.sakaiminato.lg.jp