水産王国_境漁港
△2011年のニュース
◎第2回 ベニガニ料理教室
 
10月23日(日) 10:00〜 保健相談センターで境港ベニガニ有志の会によるベニガニ料理教室が開催されました。

写真
 カニ水揚量日本一を誇る境港特産の紅ズワイガニを一般家庭料理へ普及させることを目標にベニガニ料理教室が開催されました。。

  
 境港ベニガニ有志の会会長兼料理講師の濱野氏のあいさつから始まりました。


 ベニガニは、みずみずしく、ほのかな甘みが特徴で、しかも価格がお手ごろであるため、かしこまらずに軽い気持ちで料理を楽しむことができる。と熱い思いを語られました!

 そして、シャーベットアイスに浸かった高鮮度のベニガニのさばき方を実演。

 シャーベットアイスとは・・・
ベニガニの黒変しやすいという弱点が見事にカバーできる、優れた保存溶液(塩水)です。
 
 写真のシャーベットアイスは会場に運ぶため、直前に水分を抜いてありました。

 また、今回のカニはびっくりするぐらい大きかったです。

 
写真
 手を切らないように軍手を装着し、よく切れる包丁でさばきますと説明。
 
 みなさん真剣な表情で注目されていました。

 ベニガニは一人につき2枚。
 
 カニ料理に慣れていただくためには数をこなすのが一番です。

 
 
 
写真
 ↑は今回のメニューの一つの『揚げガニ』。
 
 生の紅ガニの足を黒コショウで味付けし、サラダ油で揚げたものですが、これがまたうまいです。

 個人的には、焼ガニを上回るカニ本来の甘みが引き出されていると思います。
写真
本日のメニューは・・・

  ・カニめし(だし汁とカニと???でこってりご飯)
  ・カニキムチ(生食感のカニ)
  ・ボイル(定番)
  ・甲羅蒸し(カニみそとだしと卵のハーモニー)
  ・カニ汁(野菜も十分)
  ・揚げガ二(カニ身の味がすごい)
  ・カニ味噌(まるで加工品)
  
 一人2枚分ありますので、食べきれないほどありました。
 タッパー持参をオススメしています。
写真
 

 そして試食。
 
 今回も7品(生のベニガニの料理の幅は広い!)を作りましたが、前回の反省を踏まえ、10時スタートにし、料理のメニューも若干の変更があり、13時ごろに試食ができました。


 ベニガニ2枚を使うことで、包丁でさばく事に慣れ、そしてひと手間加えることでベニのうまみを最大限に引き出すことに成功した料理教室だったと思います。

 家庭に普及するためには、たくさんベニをさばいていただくことが大事だと思います。

 怪我をしないように、ベニをさばくときは軍手を装着して調理してください。

 また、この教室は、最後に片付けがありますが、ご協力いただいたみなさま本当にありがとうございました。


 次回開催は、平成24年3月25日を予定しています。
 開催案内につきましては、3月号の市報または、境港市HPをご覧下さい。
 
掲載者情報
掲載者
関連HP

01157
 
境港市水産課 〒684-8501 鳥取県境港市上道町3000番地
TEL.0859-47-1055 FAX.0859-44-7957
E-mail:suisan@city.sakaiminato.lg.jp