山陰・鳥取県 境港市(さかいみなとし)は鬼太郎をはじめとする妖怪と、サバ、アジ、カニなどのお魚が いっぱいのまち

7/22大型客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」が寄港しました。

写真

平成27年7月22日(水)、大型クルーズ客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」(13万8279トン)が、中国人客など約3400人を乗せて境港に寄港しました。

中国・天津市を発着する5泊6日のツアーの日程で、昭和南岸壁に下り立った乗客は、約90台のツアーバスで水木しげるロードや松江城、青山剛昌ふるさと館などの観光を楽しみ、午後10時に出港しました。

平成27年に境港に寄港したクルーズ客船の乗客総数はこれで約1万6760人となり、過去最高だった平成26年に1万4110人を上回りました。








= 平成27年7月2日・クアンタム・オブ・ザ・シーズ初寄港 =


平成27年7月2日(木)、世界最大級のクルーズ客船『クァンタム・オブ・ザ・シーズ(167,800t)』が乗船客4,700名(ほぼ中国人)、クルー1,500名を乗せ、ここ境港に寄港しました。

よく「動くホテル」と言われるクルーズ客船ですが、まさにその形容がぴったりの船。近くで見ると圧倒される大きさでした。
お客様は約120台のバスに乗り、境港周辺の観光やショッピングを満喫されました。

今回は急きょ、寄港地が韓国釜山から変更されての寄港でしたが、これからもどんどん寄港していただき、海外のお客様に日本の大都市にはない小さな町ならではのよいところをもっと感じていただければと思います。














= 平成26年6月16日・ダイヤモンドプリンセス初寄港 =



2014年6月16日、境港に大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」(イギリス船籍、11万6千トン)が初寄港しました。
全長290メートル、幅37メートル、高さ62メートルの同船は、境港を訪れた客船では過去最大となり、乗客のみなさんはシャトルバスやオプショナルツアーを利用して、水木しげるロードや出雲大社、松江城などの観光を楽しみました。

乗客1980人のうち日本人は344人、1636人はアメリカ、オーストラリア、台湾などの外国人で、岸壁の観光案内所では、中海・宍道湖観光協会会議が公募した「境港クルーズ客船観光案内ボランティア」登録ボランティア41人のうち、英語の話せる15人が見どころや交通手段などの質問に笑顔で対応しました。

事前申込による船内見学会も行われ、100人が参加、吹き抜けのロビーやプールなどを見学しました。
また、出港3時間前の午後3時からは、一般客の岸壁からのお見送りも行われ、短い滞在の別れを惜しみました。

ダイヤモンド・プリンセスなどの大型客船寄港情報は境港管理組合HP
で詳しくお知らせされています。








関連HP
掲載者かさばけ

観光に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 観光案内所 〒684-0004 鳥取県境港市大正町215 みなとさかい交流館1F
TEL 0859-47-0121 FAX 0859-47-0122 E-mail info@sakaiminato.net

視察、取材、その他の業務に関するお問い合わせは…
境港市観光協会 事務局 〒684-0046 鳥取県境港市竹内団地255-3
TEL 0859-47-3880 FAX 0859-47-3885 E-mail jimuinfo@sakaiminato.net
水木しげるロード視察のご案内